巨大地震そんなに、あまくない
水食料の備え等、生きて当然で
あたりまえの、バカな思いは何
考えて!死んだら、いらない
今の日本に1番必要な対策は
まず、自分の命守る対策です
歴史はくり返す弱い近代都市に
気づいて、自分達が危ないと!

  
本当に必要な対策は大地震時生きれる対応です
大地震は5つの生死の場面あるの知っていますか
1激震2大火災3大津波4都市パニック5生存
全てに違った対策が必要、知って下さい

(下にイラスト解説あり)

本当にやる時です、生きるための対策!生きた後の水ではなく
人は考え想像していないと、突然おこる地震に対応できません
また、大地震のおきた、その時持っていられる対策でなければ
意味がなく命守る役には立ちません、なのでこの対策が必要なのです
皆さまの賛同、参加がなければ、また意味のない対策ですが

防災シートベルト イメトレで防災反射を育て装備携帯する護身
1~3命守る対策 4パニックを防止 5生存サポートと絆
5本柱の具体策と絆を自分自身が常に持っていられる防災です
心身を車のシートベルト同様に保護、自分の命守れる対策
 
1~3命守る対策 避難方法を知って逃げる日常イメージ訓練
激震 身を守るため5秒間で自分の半径5mで安全な所を見つけ
逃げ込むイメージを持つゴーゴーイメトレ
津波 今いる所から直ぐにくる津波を考え、高く遠くに逃げる
イメージ訓練 トビトビ避難とあきらめない対応
火災 火や煙にまかれる事がないよう、火の気の少ない方へ逃
  げる イメージ訓練リバース避難と究極マンホール活用
防災反射のイメージトレーニングを知ってやれば体は動きます
 
4   パニックを防止 冷静さパニックにならない心と装備
携帯マルチ防災シートがパニックを止めます、おきた直後に
自分の目立つ所に装着し、ケースをあける時間と、シートの
色と感触が気をひきしめ練習を思い出し冷静さを持たせます

5  生存サポート保温や水の補給:携帯マルチ防災シート
携帯することで出来る自分への装備と励ましが、動けない
パニックも防ぎます、また災害時は目立つ事が大切です
目立つ事でお互い協力助け合える仲間が認識出来ます
☆ ☆ ☆
この1~5が全て自分の重要な命守れる対策になります
大切な人へも持たせて、安心を共有してください 
防災シートベルトは 
携帯マルチ防災シートと護身解説イメージ訓練のセットです


「携帯 するから大地震がいつおきても対応できる」
これまで世の中にない携帯する対策 、地震災害直後にすぐ役立つ今のスマホケースにも装着でき
またバッグポケットにも入れておける丈夫で菌やホコリ、水滴もくっつかないくり返し使用
用途  防災ズキン・雨・雪よけ・防寒・シート・トートバッグ・水筒・止血帯・包帯・救護用目印などマルチに 
ケース(白黒)はシートのクリップ クッション まくら お皿 日常は、コンタクト入れ薬入れなどマルチに
使用場面 災害時・交通障害時・大規模停電時・野外コンサート・スポーツ観戦・登山ハイキングなどマルチに

防災シートベルト
 日常地震の事は、考えないと思いますが、巨大地震の東京、南海トラフなどの 地震はこの日本どこで今おきても不思議ではないと、私達日本人は思っていますし、 知ってもいます。ただ3・11東北も7年も過ぎると、その実感もなくなりつつあるのも また事実です。そして何を、どうすればよいのかもわからないのもまた事実です。  しかし、このまま巨大地震が100%くるのがわかっていて対策出来ないのも変ですし、ましてや地震大国日本です、そこで地震から命を守る防災に特化して考え、 小学高学年でもわかりやすく理解でき、やれる対策でなければと考えた 防災シートベルトを提案しています。それは車に乗る時自分の身に付けるシートベルト同様に 日常から装備し身に付けておける防災です。 防災シートベルトは、おきたその時自分の命身を守れるのは、本人しかいないとの考えで発案されました。本人がその時の為に知識と能力、装備を高めその時最善な命を守る動きが身につき 一瞬にして体が反応できるのが防災シートベルトです。その後くる大火災、津波も考えた生存をサポートする装備、いつでも手元にある防災を提案しています。持ってください。
小学校や中学校で子供達にも伝えていきたい防災です
あなたの家庭や職場でも、命を守る防災の輪を広げませんか


  

携帯型マルチ防災シートの詳細

01

とても軽くてコンパクト

ポケットにすっぽり入るコンパクトな収納ケース。 重さ40g程度でスマホと一緒にバッグに入れても邪魔にならず、常に手元に置いておけます。

02

丈夫で経年劣化しません

ZERO-PのPはパラシュートのP。 強靭な繊維で織られたパラシュート生地は撥水性、防汚性が高く、とても丈夫です。

03

学校でも配布されています

小中学校の防災教育の場で、子供たちの身を守るため「常時携帯できる防災備品」として配布しています。

よくあるご質問

Q.薄くて破れたりしませんか?

A.生地はパラシュート素材でとても丈夫です。刃物で切る等しなければ破れることはまずありません。

Q.腐食して買い替えが必要になったりしませんか?

A.高い撥水性で汚れもはじくので、腐食による経年劣化については心配いりません。

Q.熱で燃えたりしませんか?

A.耐熱性が高く、頭にかぶれば熱風や高温蒸気を防ぎます。熱にあたり繊維が溶けて収縮することはありませんが、炎に直接あたると発火するおそれがあります。

Q.頭にかぶればいいの?

A.防災頭巾として使用のほか、風呂敷同様に荷物をまとめて手提げとして、撥水性を利用して簡易水筒としてもお使いいただけます。

Q.ケースは捨てていいの?

A.収納ケースはシートを止めるクリップの代わりになります。またちょっとした小皿や、広げてクッションの代わりにご利用いただけます。

あなたの命を守るために

地震はあたりまえの生活を一瞬で失わせます。
気づいてください。一瞬であなたの命、家族の命も、家も仕事も。すべてなくなってしまいます。
近い将来、この災害がやってくると思っている人は多いはずです。なのに備えない理由がありますか?
3.11のあの日得た教訓を忘れてしまったのですか?

私たち一人一人が常に備え、大地震から命を守る意識が今必要です。

防災シートベルト3,200円  
ご購入はこちら・価格はすべて税込、送料込(離島別)
防災シートベルト一式
(ZERO-P白か黒 ゴーゴー、トビトビ、リバース解説書)
地震災害の護身術と絆作り、パニック防止
自分の対震策を持つ防災